上町駅にある「べジポタラーメン」とは?

ボロ市通りで有名な「世田谷線の上町駅」の目の前に、小さなラーメンがある。「二代目めん屋 秋もと」。

調査員がお店に入ると券売機があり、早速メニューを確認すると、大きくメニューの種類は「ラーメン、つけ麺」の2つのみである。

早速「べジポタ ラーメン」を購入し、カウンター席に移動。店内は非常に清潔感が漂っている。

カウンターにある「貼紙」を見てみると。。。。

マスターのかなりの拘りを感じます。スープの割り方も書いてある。。。

待つ事約10分間、「ラーメン」が登場!

まずは「スープ」から、、、上手い!!!コクがあり野菜の風味を感じる。有機野菜が盛付けてあり肉もある。

東京都心であれば、1,200円(税込)しても可笑しくない商品であるが、ここでは800円(税込)で楽しめる。

マスターの話しを聞くと、「べジポタ」とは「ベジタブルポタージュ」の略との事。

麺もしっかりしていて、新鮮な野菜が合う!美味しさのあまり数分で完食。

カウンターの「貼紙」を見ていると「割り飯 50円」と書かれている。「割り飯 50円」をマスターに聞いてみると、
「ラーメンを完食後に、ご飯をスープと割って食べてください」との事。早速注文!!

割り飯が登場、チーズ、ブラックペッパー等が入っていて、「洋風お茶漬け」のようなメニューだ。こちらも完食。

「二代目めん屋 秋もと」はただのラーメン屋では無く、ラーメンと飯の2段階が楽しめるお店である。マスターの秋元さんも親切に対応してくれる。

このような拘りのあるお店は、是非多くの方々に知ってもらいたい。

取材先:「二代目めん屋 秋もと」
住所:東京都世田谷区世田谷3-13-10 高梨ビル102
URL:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13198984/

調査員
shu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です